お尻

美尻を作る筋トレ!デッドリフトの絶大な効果とは!?

世間では筋トレがブームになっています。最近では筋トレのイメージも変わってきたので筋トレをやりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。私は全国民が筋トレをした方が良いと考えていますし、義務教育に筋トレと栄養学を取り入れるべきだと考えている筋トレを偏愛する者ですが、本日は美尻を作る筋トレについてご紹介します。以前スクワットを紹介しましたが、スクワットもきれいなお尻を作るのに非常に良い筋トレです。今回はデッドリフトです。

美尻を作る筋トレ!効果絶大!デッドリフトを行うべき理由とは?

デッドリフトは、ベンチプレス、スクワットと共に筋トレBIG3と言われる種目です。(私は懸垂=チンニングを追加して筋トレ四天王と呼んでいます。浸透していませんがw)なぜ筋トレBIG3なのか?ですが、私から伝えたいことは3つです。多くの筋肉が鍛えられる。全身への効果が高い。見た目に直結する、です。デッドリフトをやれば、多くの筋肉を鍛えることができて、全身のスリム化に役立ち、背中、お尻の見た目に効果抜群です!

美尻を作る筋トレ!効果絶大!デッドリフトが必須なワケとは?

男女問わず後ろ姿がかっこいい人は街でも目を引くでしょう。そんな人に私自身もなりたいと強く思います。街で振り返られるような人は待ちに幸福を振りまいて歩いているのと同じだと考えています。そういった人に近付くために努力しますが、できれば最短ルートを通っていきたいですよね。その最短の近道をかなえてくれるのが、デッドリフトです。デッドリフトは背中(脊柱起立筋・僧帽筋・広背筋)、お尻(大臀筋)、太もも裏(ハムストリングス)を一気に鍛えることができます。大きな重りを扱うことができるので少ない回数で一気に鍛えることができます。この一つ一つの筋肉を効かせようとすると様々なメニューをこなさないといけませんが、デッドリフトを行うことで一気に鍛えることができるのです。最高ではありませんか!デッドリフトは、あなたの後ろ姿に効く最高の種目と覚えてください。

美尻筋トレ!効果絶大!デッドリフトをおすすめする3つのワケは?

デッドリフトが筋トレのBIG3と言われているという話はすでに書きましたが、デッドリフトの魅力は3つです。多くの筋肉が鍛えられる、全身への効果が高い、見た目に直結する、です。こちらを一つ一つ解説したいと思います。

美尻筋トレ!デッドリフトをおすすめするワケ:多くの筋肉に効く

先ほども書きましたが、デッドリフトは背中(脊柱起立筋・僧帽筋・広背筋)、お尻(大臀筋)、太もも裏(ハムストリングス)を一気に鍛えることができます。こんなにもたくさんの筋肉を一度に刺激できるのは非常に効果的です。また実はデッドリフトにはいろいろな種類があり、自分の聞かせたい場所に特化してフォームを変えることで、より効かせたい部位に効かせることができます。体の後ろ半分に全体的に聞かせたいときはデッドリフト、お尻の筋肉(大臀筋)に効かせたい場合はルーマニアンデッドリフトなど、少しスタンスを変えたり、足の幅を変えたりすることで、効く部分が変わってきます。今回はより全身に効くフォームを後ほど紹介します。全身に効かせることで後ろ姿のかっこいい体型を目指せます。お尻をより鍛えたい人に対しても少しコツを書いておきます。またお尻を鍛えたい人はスクワットと組み合わせてやることもおすすめします。

美尻筋トレ!デッドリフトをおすすめするワケ:全身への効果が高い

筋肉量全体の70%は下半身にあると言われています。筋トレがダイエットに効果があることについてお伝えしましたが、下半身も効果的に鍛えながら上半身で一番大きな筋肉である背中の筋肉にも幅広く効く種目なのです。全身の後ろ側のほぼすべてに効かせることができるので、全身の筋肉を刺激して代謝を上げることができます。また、筋トレのメニューとして消費カロリーが非常に大きいことでも知られています。多くの筋肉を使っての無酸素運動ですので、息は上がりますし、実際にやってみると短時間でも汗をかくことを実感できると思います。やることでカロリーも消費できますし、やった後もたくさんの筋肉が刺激を受けていてカロリーを消費しながら回復していきます。そして筋肉が大きくなりまた消費カロリーを増大させます。

美尻筋トレ!デッドリフトをおすすめするワケ:見た目に直結

デッドリフトをやると、背中(脊柱起立筋・僧帽筋・広背筋)、お尻(大臀筋)、太もも裏(ハムストリングス)に効きます。背中は肩甲骨の周りに付きがちな脂肪も、腰に付きがちな脂肪も裏側はデッドリフトでそぎ落とすことができます。お尻は芯の部分に効くイメージです。お尻自体を上向きに上げてくれます。また太もも裏も筋肉が付くことでよりメリハリのある脚になります。モデルさんの足をよく見てください。脚の前の筋肉よりも後ろの筋肉の方がしっかりと鍛えられています。前の筋肉を鍛えると膝の上の脂肪に効きますが、太ももの裏の筋肉を鍛えるとまたの内側の空間を作ることに貢献してくれます。お尻から脚にかけてのメリハリも付きますので、よりお尻が上がってカッコよく、脚は細く見えるようになるでしょう。

美尻を叶える筋トレメニュー!デッドリフト:実際の方法は?

デッドリフトはフォーム命です。理想的なフォームの写真を載せました。私の下の説明と一緒に合わせて見て参考にしてみてください。

スタンス

両足を肩幅より少し広く、ガニ股にならないようにまっすぐに開き、体重は内側にかけます。

胸を張って顔は前を向き、股関節と膝関節を曲げてお尻を後ろに突き出すイメージでバーベルを持ちます。

バーベルを握る手は肩幅より少し広くします。

上げるとき

動作は息を吐きながら、ゆっくりと上げるというより立ち上がるようなイメージで上げていきます。

バーベルを膝を伸ばす動作で膝の高さまで上げると同時に、股関節を伸ばす動作で上体を起こします。

上半身は胸を張って背中を意識して股関節と膝関節を伸ばしたところで止めますが、伸ばし切らないようにしましょう。

下げるとき

反動を付けることなく、息を吸いながら下げます。

重りを背中、太ももの裏に感じながら股関節を曲げてゆっくりとおろしていきます。

バーベルが膝を通過したら膝を曲げてバーベルを地面に接触させるまで下します。

回数・セット

12回×3セットができる重りでチャレンジするのが良いでしょう。できたら次回は2.5kg上げてチャレンジするイメージでいいでしょう。また腰を保護するベルトを巻いて安全に配慮しながら行いましょう。無理は禁物です。

まとめ

いかがでしたか。デッドリフトは最高に効果的で奥の深い筋トレメニューです。お尻だけでなく全身を複合的に鍛えられます。代謝の面では全身に効果がありますから、是非とも取り入れてみてください。また消費カロリーも非常に高いので運動をしたなぁと心底実感できるメニューです。しっかりとやればもう何もしたくないと思うほどの効果があります。振り返られるぐらいの理想の後ろ姿を手に入れて、街に幸せを届けましょう。

-お尻
-, , , ,

© 2021 ゴリトレ Powered by AFFINGER5